制限速度

kodomo02_l車を運転するには制限速度を守って走る必要がありますが、道路によって最高速度が決められていため注意が必要です。通常であれば速度標識によって指定されていますが、標識がない一般道では60km/hが最高速度となります。高速道路では100km/hが最高速度になりますが、同じ高速道路でも80km/hに下げられている場合もあるため、その都度規制速度に合わせて走行することが大切です。速度違反に関しては10km/hまではスピードメーターの誤差もあるため違反にならないと言われていますが、速度超過には変わりありませんし、5km/hでもオーバーすれば捕まる可能性がありますので、安全運転を行うことが大切だと言えます。速度制限を守ることは基本ですが、車の運転では流れに逆らわない走り方も必要です。速度差がありすぎるとかえって危険ですので、流れに合わせた速度を心がける必要があります。車は速度に比例して危険性が高まる性質があります。速度が高くなればそれだけ制動距離が伸びてしまうため、とっさのブレーキでもなかなか止まれない状況も起こります。速度標識のとおりに走行すれば違反にはなりませんが、安全を確保できる速度で走行することが大切なのです。

Comments are closed.