メインの規則標識について

道路でメインとなるのが規則標識です。これは車両や歩行者に対して交通の禁止や制限、指定をするために設置されています。公安員会、道路管理者が設置することとなっています。この標識の色と形ですが禁止を示している規制標識の色を赤にしていて形は横断禁止みたいに、歩行者に対しては正方形になっていますし、最高速度を表示している看板のように車両に対しては円形をしているのが特徴です。一時停止をする場所、徐行をする場所など、特に人が注意してみなければ行けない場所としては、逆三角形を用いているのも特徴です。
指定方向外進入禁止、歩行者専用といった指定を表示している規制の標識に関しては青色をしていて、基本的には円形をしているのが特徴です。通行止めを見たことがあると思いますが、これも規制に当たります。歩行者や車、路面電車すべて通行できないことになります。ほかにも車両進入禁止や二輪の自動車以外の自動車通行止めなどもあります。
今紹介した3つのものは赤い円形をしていて白くなっているので見たことがある人も多いですしインパクトがある赤と白になっているので、目に入りやすく視覚効果を狙っているのも特徴です。運転している人も歩いている人にとっても目に入りやすくなっています。

Comments are closed.