ハンドル・走行レーンの違い

海外へ遊びに行った時に車に乗る機会はあまりないと思いますが、身近な海外旅行で車に乗る時は日本と交通ルールが違う事を頭に叩き込む必要が有ります。
特に海外ではほとんどが日本と違い右側通行なので、いつもの癖で左側通行をしない事が必要になります。
いつも運転しているように左側通行をすると、警察に見つかると捕まって罰金という事になりますし、それ以上に走行レーンを間違って走ると事故を起こす確率が格段に上がります。
それに当然海外で車を走らせる場合はレンタカーになりますが、慣れている日本車で無い事も有ります。
慣れない左ハンドルで運転して、それに右側通行で事故を起こす確率がよりあがります。
日本と同じ交通ルールの国ならば、レンタカーを借りて運転するのも悪くないですが、外国車に慣れていればまだ事故の確率も低くなります。
日本のように電車が発達している国ばかりではないので、外国でも車を運転しなければいけない場面も来るかもしれませんが、交通ルールーや車の構造が違いますので、その辺りをよく留意する必要が有ります。
車は交通ルールを守って安全に運転すれば素晴らしい道具なので、走行レーンの違いやその国の交通ルールを把握しておけば、安全に過ごす事も可能です。

Comments are closed.