駐車のしかた

海外での車の停め方についてですが、日本にはあまりなじみがないものもあります。車を止めたことは何度もあるという人も多いかもしれませんが、海外に行くとやり方が少々違いますので戸惑う人もいるかもしれませんし、違反への取り締まりが意外と強化されている国も多いので、もし違反してしまえば罰金を海外であっても支払わなければ行けませんから、せっかく海外に行っているのに、そこで罰金を払うなんていうもったいないことにならないよう荷注意したいものですね。
海外の違反の取締りはとても厳しいので、少しだけという軽い気持ちで路上に車を止めていると違反切符の対象となります。禁止となっている場所、黄色の消火栓がおいてある場所には絶対に止めてはいけません。とめるときは駐車場に入れるか、バレーパーキング、パーキングメーターを使うことが重要です。ショッピングモールなどは無料で完備されているところが多いでしょうからPの看板を目印にして探しましょう。
現地の人ではなく、どこに停めたらいいのかわからなかった、方法がわからなかったといえども、違反は違反ですから取締りの対象になってしまいますので、そうならないように気をつけなければいけません。

Comments are closed.