案内標識の特徴について

papa01_m道路にある案内標識の特徴についてですが、道路に設置されている標識というのはいろいろと種類があり、どれも同じではありません。案内もあれば警戒標識もありますし、規則標識と指示標識があります。この4つから成り立っているのが特徴です。主要幹線道路には必ずどれかが設置してありますので見たことがあるという人は多いのではないでしょうか。一番多く見かけるのが今回紹介する案内を目的としているものです。
これは目的地までの方面や方向、距離や路線の名前などを表示している青い大きな看板です。主要幹線道路に設置されていることが多いですから誰でも知っている野ではないでしょうか。方面や方向を示しているものを106系、108系と呼んでいます。
交差道路、路線番号標識といわれる、118系、119系のものもありますし、地点シートと呼ばれるそれぞれの道路に設置されている案内の標識をさらにわかりやすくするために補佐的な役割で設置されている地点シートもあります。これらすべてが案内を示している標識ということになります。きっと一番身近であり一番見たことが多いのではないでしょうか。車を運転しているか、していないかにかかわらず見たことがあるという人が多いでしょう。

Comments are closed.